Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

幼児の勉強のやる気を出す方法!ゲームの言葉で楽しく教えよう!

幼児の勉強のやる気を出す方法!ゲームの言葉で楽しく教えよう!

勉強ってなかなかやる気がでないですよね。

でも、やる気が出ないのは当たり前のことなのです。

なぜなら勉強は楽しくないから。勉強が楽しいって思える人が羨ましいです。)

誰だってつまらない勉強をするよりも、テレビを見たりゲームで遊ぶ方が楽しいですよね。

うちの息子も、もちろんテレビやゲームが好きですが、特にゲームをしている時が一番生き生きしています!

るーママ
息子は勉強の時にはつまらなそうにしているけど、ゲームをしている時はすごく楽しそう…勉強する時に何か利用できないかな?勉強にもゲーム要素を入れることができれば楽しくなるかも!

ということで、うちの息子が幼稚園児の時に実践した方法を紹介します。

言葉を変えるだけで勉強を楽しくする方法

同じ内容のことを言うにしても、言い方によってやる気が出たり、逆にやる気がなくなったりしますよね。

できるだけ子供が楽しく勉強ができるように、言い表し方を変えてみましょう!

みなさんのお子さんの好きな物やゲームは何ですか?

うちの息子はマリオシリーズのゲームが大好きです。

ゲームが好きなら、マリオシリーズは男女関係なく好きなお子さんが多いですよね!

それを利用して、ゲームの楽しいを勉強に盛り込むことにしました。

例えば、

1問目、2問目を言い換える

ステージ1、ステージ2など

途中まで問題を解いて欲しい時

まずはここの中間ポイントまでコースを進んでみよう!
(中間ポイント=途中でセーブできる場所)

難しい所

ここはボスorクッパ戦だね!

途中で飽きてしまったら

コンテニューする?それともギブアップする?

最後まで頑張ったら

クリアー!や、ゴール!と褒める。




勉強のゲーム化を試してみた結果

ゲームが好きな息子にはヒットしました!

なぜなら、ゲームの延長線上のような形で勉強を進めることができたからです

ここの問題をやってみよう!や、もう疲れちゃったの?あともう少しだよ!と声かけするより断然効果がありました。

やりたくない問題でも、言い表し方をゲーム化することで気持ちが切り替わり、ノリノリで問題を進めていたので、ゲームが好きなお子さんにオススメです!

せっかく机に向かってもやる気が向かない時や、途中で集中力が途切れてきてしまった時に使ってみるのが良いですね。

ノリノリになった息子は、

息子
じゃあここは簡単だからスター(無敵)で進めるね!

など、本人も考えて話していました。

毎回だと飽きてしまうので、やる気がなさそうな時の解決策の1つとして参考にして頂けると嬉しいです。

まとめ

  • 子供が好きなことに注目して勉強に結び付けることができればやる気につながりやすい。
  • 勉強のゲーム化は、ゲームが好きな子供にオススメ。