Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

義実家に帰省したくないお嫁さん必見!ストレスで疲れた人の解決法!

義実家に帰省したくないお嫁さん必見!ストレスで疲れた人の解決法!

日本にはたくさんのお嫁さんが憂鬱になる時期があります。

それは、年末年始やお盆です。

なぜかというと、義実家への帰省という行事があるからです!

これは、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

もちろん義両親との関係が良好で帰省が楽しいという方もいらっしゃいます。

しかし、中には義両親という気を使う存在の人がいて、慣れない場所で子供の世話・家事・親戚付き合いなどでだんだん疲れてしまう人が多いのが現実です。

また、妊娠中だったり、小さいお子さんがいると帰省も大変になります。

帰省するには距離や移動手段にもよりますが、往復でかなりのお金がかかってしまいます。

「帰省するお金があれば、その分家族で旅行に行けたのに」と考える人もいるでしょう。

時間・お金・ストレスがかかることに何度も行きたい人はいないですよね。

しかし、それはお互い残念なことです。

帰省が嫌なお嫁さんも毎回憂鬱になってしまいますし、義両親もイヤイヤ帰省されるのは本望ではないですよね。

年に1回や2回でしたらお嫁さんの立場として帰省した方が良いと思いますが、中には孫フィーバーで子供の誕生日など事あるごとに帰省して欲しい・逆に義両親が来て泊まりにくるという所もあります。

本音としては、お盆ならお墓参りなどがあるにせよ、子供の誕生などは家族水入らずでゆっくりしたいですよね。

義両親のことが原因でストレスになり、それが引き金で夫とケンカが増えて離婚される方も中にはいらっしゃいます。

帰省のストレスや義両親のことで疲れてしまって離婚なんてことになってしまっては意味がありません。

そうならないためにも、出来るだけ帰省の回数や過度な接触を減らせるといいですよね。

そんな方へ、孫にたくさん会いたい義両親、帰省が面倒なお嫁さんの双方にとって笑顔になれる商品がありますので紹介します!

テレビ越しに会える!「まごチャンネル」




「まごチャンネル」とは、義実家に帰省しなくてもテレビ越しに簡単に会える画期的なアイテムです。

実家のテレビに受信ボックスを設置して、あとはアプリで写真や動画を送信するだけ!

受信ボックスは、グッドデザイン賞ベスト100や世界的に権威あるデザイン賞も受賞したシンプルで可愛い家型の端末です。

「まごチャンネル」を設置すると、テレビに孫の日常がうつる専用のTVチャンネルができます。

設置と言うと難しいイメージがありますが、忙しい子側の手間も掛からず、実家側のネット環境すら準備の必要がない簡単設計です。

端末には通信回線が内蔵されており自動的にインターネットに接続されますので、義実家にネット回線や無線LANがなくても大丈夫です。

端末を設置するのにあと必要な物は、同梱のテレビに繋ぐケーブル一本と、電源コード一本だけです。

義両親が普段使っているテレビリモコンでそのまま操作ができるので、機械が苦手なおじいちゃんおばあちゃんにとって、まるでテレビにお孫さん専用のチャンネルが できたかのように利用することができます。

使い方

スマホ内の動画や写真を専用アプリからアップロードするだけで、義実家のテレビに届きます。

新着の動画や写真が義実家に届くと、家型の端末の窓に灯りが灯り、専用チャンネルで写真や動画を確認することができるのです。

普段会えなくても、孫の誕生日や運動会の映像や、敬老の日に動画メッセージを送信すれば大変喜ばれるでしょう!

義両親も、楽しみの一つになりますね!

気軽に孫の映像を送ることができるので、これなら何度も帰省しなくても孫を身近に感じられますね!

また、義実家が「まごチャンネル」を見ると、アプリに通知がくるので簡易な見守りにもなります。

もちろん、義実家だけでなく、遠くに住んでいてなかなか会えないお嫁さんのご実家にプレゼントするのもいいですね!

「まごチャンネル」のおすすめな方

  • 義両親・ご実家が遠い方。
  • 帰省回数を減らしたい・ストレスで疲れてしまった方
  • 妊娠中やお子さんが小さくて帰省が大変な方。
  • 義両親が心配で見守りをしたい方
  • 実家がスマホではない方。
  • 昔デジタルフォトフレームを送ったけど使ってもらえなかった方。

 

いかがでしたか?

スマホを持ってなかったりなかなか使いこなせない実家であってもテレビは間違いなく使えますので、「まごチャンネル」がおすすめな方に該当する人は是非検討してみてくださいね!