Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【すらら口コミ・評判】発達障害の子供におすすめのタブレット学習教材を徹底解説!

【すらら口コミ・評判】発達障害の子供におすすめのタブレット学習教材を徹底解説!

ADHDやLD、アスペルガーなどの発達障害や勉強が嫌い・苦手な子供には、タブレット学習教材の「すらら」がなぜおすすめなのでしょうか?

評判・口コミ、感想も含めてこのブログで徹底解説をします!

「すらら」のタブレット学習教材を使用したいという方であれば、

「どうしてうちの子だけ教えてもなかなか理解ができないのだろう?」

「勉強が苦手でどうやって教えればいいのか分からない」

というお悩みがある親御さんもいらっしゃいますよね。

周りのみんなはできているのに、一生懸命教えてもなかなか覚えられない。

そんな時には、もしかしたらお子さんが発達障害の可能性もあります。

発達障がいにはADHD、アスペルガー症候群、学習障害…そうでなくてもグレーゾーンのお子さんもいらっしゃるかもしれませんね。

我が家にも小学校低学年の息子がおりますが、おそらくADHDのグレーゾーンだと思います。

もし、お子さんが発達障害の場合、種類にもよりますが、本人もなかなか周りに追いつけなくて辛いですよね。

親御さんも周りと比べてしまってさらに悪循環になってしまいます。

そういった場合、どうしたら良いのか。

それは、お子さんに合った教材を用意することです!

親御さんが一生懸命教えても理解が難しい、ましてや市販の教材だと嫌がってしまう。

そんなお子さんにはタブレット学習教材の「すらら」が最適です!

なぜなら、「すらら」は発達障害のお子さん向けに考えられている教材だからです!

今までそういった教材ってなかなかありませんでしたよね。

もちろん発達障害のお子さんでなくても基礎から学習されたいお子さんにもおすすめですよ♪

まずは、そんなおすすめな教材「すらら」を紹介します。

そして、「すらら」の口コミや評判、感想も調べてみましたので、合わせてご紹介します!

先に評判をみたいという方は目次から読み飛ばしてくださいね!

発達障害の子供におすすめと評判のタブレット学習教材「すらら」とは?

「すらら」はオンライン・無学年制で、”学校の授業が合わない”、”学校の授業についていけない”お子さんでも、ゲーム感覚で楽しく学習ができる対話型アニメーション学習教材です。

先ほどは発達障害のお子さんにおすすめというお話をしましたが、実は、「すらら」は全国650校の学習塾と120校の私立学校が導入し、延べ11万人以上の生徒が利用したとても評判の良い実績のあるタブレット学習教材なのです。

塾の様子はテレビでも紹介されました!

また、さらに難関校へ多数の合格実績を誇る九州最大手の進学塾・英進館や、関西の名門・近畿大学付属中学校でも導入されています!

なぜ、こんなレベルの高い学習塾や上位校で導入されているのかというと、授業で難しい問題を進めていくうえでも「基礎学力」が大切だからです。

確かに、勉強は基礎ができていないと応用問題は解けないですよね!

ですので、入試向けの応用的な内容に取り組む前に、まずは「すらら」で基礎学力を定着させているのです。

そんな実績のある「すらら」は、わかりやすいのはもちろんですが、地元の現役学習塾講師の手厚い学習フォローが付いていることもとても魅力的な教材です!

「すららネット」とはどんな会社なの?

「すらら」の教材を開発、販売しているのは「すららネット」という会社です。

「すらら」を使った学習塾を立ち上げ、発達障害や勉強を嫌がっていた子供達まで成績を上げることに成功しています。

また、現在は塾だけでなく、学校の放課後デイサービスなどの学習指導に導入したり、さらに海外にまで進出しています。

会社の理念として“世界中の所得格差による教育格差を根絶したい”というものがあり、「すらら」を学習機会に恵まれない子供がいるインドネシア・インド・スリランカなど、他国へも拡大しているそうです。

通常の教材会社であればターゲットとしない、「低学力」や「発達障害」などの「勉強に極端に苦手意識を持つ子」に 何とか学習の機会を提供したいという想いで、日々マーケティング活動を行っている会社です。

「すらら」は発達障害の子供の他にどのような人におすすめなの?

 

  • 小学生から中学生を中心に、テストで1教科20点、30点を取ってしまっているお子さん
  • 塾や通信教材を利用しているのに成績が上がらないというお子さん
  • 教科書や参考書を見ても分からない、文字から情報を読み取ることが苦手なお子さん
  • 自分のペースで勉強すればできるお子さん
  • 得意な教科と不得意な教科がはっきりわかれているお子さん
  • 苦手な単元だけを勉強したいお子さん
  • 今の授業が簡単に感じて先取り学習をしたいお子さん
  • わからない所そのままにしてしまう、聞きたいのに聞けない、集中力が続かないお子さん
  • 高校生になってから、中学英語を1から復習したいというお子さん

 

無学年学習のすららなら、学校の予習復習はもちろん、定期テスト対策や受験対策にも評判のあるおすすめのタブレット学習教材です!

また、「すらら」は不登校生発達障害のある方海外子女の方も利用しています。

そういったお子さんは既に勉強に遅れてしまっていることが多いので、塾や通信教育を使うことができず、なかなか取り戻す手立てがありませんでした。

塾や一般的な通信教材は、過去に分からないままの場所があってもそのまま進んでしまうので、みんなまとめて同じテスト範囲を出題されても、お子さんにとっては厳しいですよね。

その点、「すらら」ではそれぞれのお子さんに合わせた問題が出題されるので、自分のペースで着実に学力を伸ばすことができます。

発達障害の子供がやる気になると評判の「すらら」の特徴

 

  • 抜けている分野は何年も戻って基礎から丁寧にやり直し、分かる分野はどんどん進む無学年方式の学習法を採用
  • 間違えた問題に対し、お子さんの苦手なポイントを分析し、苦手つぶしに最適な問題が自動で出題する「すらら独自のつまずき診断システム」がある
  • 一人ひとりのペースや学年に捉われない学力レベルに合わせて勉強し、学習計画を立てていけるようなオーダーメイドの学習教材
  • 現役の塾の先生による学習に関する悩みや、基礎学力、成績を上げるための学習設計を徹底サポート
  • 無学年制なので、小学校1年~高校3年まで、全ての学年の教材を好きなだけ学習し放題
  • 「スモールステップ」を意識し、小さな「わかった!」と「できた!」の積み重ねを徹底した学習方法
  • 保護者用管理画面があるので、お子さんのログイン状況、学習時間、クリアした単元数で確認することができる

 

「すらら」の対象年齢・学年は?

「すらら」の学習範囲は小学校1年生~高校3年生です。

ただ、この小学校低学年〜中学生、高校生の方だけを対象という訳ではなく、この学習範囲を勉強したいという就学前の幼児大学生・社会人等も、もちろん利用することができます。

お子さんが就学前でちゃんと学習するか心配でも、「すらら」では勉強した履歴を全て記録し、保護者用の管理ツールで確認することができるので安心ですよ!

「すらら」の推奨動作環境

「すらら」はパソコン(Windows、Chromebook、Mac)・タブレット(iPad、Android)で使用することができます。

「すらら」は画面を操作することから、iPhoneなどのスマホ・携帯より画面が大きなパソコンやタブレットをお勧めしています。

動作チェックをすることができますので、事前にできるかどうか確認しておくと良いでしょう。

▼すららの推奨動作環境・対応機種詳細・動作チェックはこちらから▼

【公式サイト】すらら推奨動作環境・動作チェック

「すらら」の対象教科

「すらら」は国語、算数(数学)、英語の3教科を勉強できるタブレット学習教材です。

どの教科も「根本理解」や「学習の定着」をする「すらら」独自のカリキュラムで、お子さんの学力を向上を図れると評判です。

理科と社会については、現在開発中だそうです。

国語の特徴

「すらら」の国語では、どんな文章でも正確に内容を理解するために、まずは一文から学習をスタートします。

これなら発達障害のお子さんでも安心ですね!

そして徐々にステップアップしていき、最終的に長文読解ができるまでの読解力、入試の実践力まで身につけられるようになります。

数学(算数)の特徴

「すらら」の算数では、まずは発達障害のお子さんでも分かるように算数の概念をしっかり理解することから始まります。

覚えるといっても、ただ単にそのまま公式を覚えるというのではなく、「どうしてそうなるのか?」をアニメーションを使って頭に定着させるという工夫をしている所が特徴です。

そうやって基本となる解き方を反復練習をしながら覚え、さらに応用問題ではしっかりとした説明でマスターしていきます。

英語の特徴

「すらら」の英語は個性あふれるキャラクターたちと一緒に、楽しくネイティブな英語に触れる勉強ができると評判が良いのです。

「すらら」は学校や塾の講義のような受動的なスタイルではなく、英語の説明を聞いたらすぐに「アウトプット」する機会が頻繁にあります。

さらに、定型文の英語だけではなく、自分の力で自在に英文を組み立て、発達障害のある子供でも自分の思いや情報を伝えられる英語力を育てます。

タブレット学習教材「すらら」の学習の流れ

1、学習の目標を立てる

「すらら」には「ラーニングデザイナー」というものがあり、「何を学習するのか」「どこまでやるのか」目標の計画を立てることができます。

その計画はカレンダーでも確認できますし、学習の習慣も身につきやすいのでとても便利ですよ!

2、「レクチャー」で学習スタート

まずは、レクチャーと呼ばれる授業から学習がスタート。

ユニークなキャラクターが声優さんの分かりやすい声で教えてくれるので、発達障害のお子さんでも集中して取り組めます。

ただ教えてくれるのではなく、分かったかどうか質問もしてくれますよ!

そうすることで考え方や応用の仕方を理解します。

3、ドリル演習で弱点&苦手克服

レクチャーが終ると、次にドリルが続きます。

すららは60,000問以上の問題数があり、さらに問題が解けない根本的な原因を自動で見つけ出してくれます!

一人ひとりの理解度に合った難易度の問題を出題するため、適度な達成感を得つつ自信を深めながら自宅で1人でも進めることができます。

間違えたらその場で添削、「何をどのように間違えたのか」を解説し、知識の定着をサポートしてくれます。

これなら、得意不得意のはっきりしているお子さんや発達障害のあるお子さんでも安心です♪

ドリルの様子は下の動画から見ることができます。

4、テストにチャレンジして本番力を身につける

「小テスト」「定期テスト対策」「学力診断テスト」に繰り返しチャレンジすることで、実際の試験や受験などの本番に確実に活かせる力が身につきます。

小テスト

10分程度の確認テストで、学習した内容が定着したかどうか確認することができます。

さらに、自分でテストしたい分野を自由に範囲指定して受けることができるのでとても便利です♪

定期テスト対策

学校の教科書とテスト範囲を指定することですららに登録されている問題を引き出し、定期テスト用の模試を何度でも受けることができます。

テスト終了後、苦手単元を診断してくれますので、今よりもテストの点数を上げる方法を導いてくれます。

学力診断テスト

「すらら」の学力診断テストは、学校や一般的な塾と違ってできなかった部分を補うために必要な単元をすぐに教えてくれます。

ですので、どこが苦手なのかがすぐ分かるため、これからどうやって勉強していけば穴を埋められるかが一目で分かるのです。

対策を具体的に提示し、次のテストまでの勉強の道筋を示すお子さん専用の「苦手克服重点学習カリキュラム」で効率的で効果的な学習をすることができます。

発達障害の子供におすすめ!評判の良い「すららコーチ」とは

「すらら」は現役の塾講師のすららコーチが、「すらら」の管理機能を駆使して、経験と知識を活かしたプロの目線でお子さんの学習をフォローし、自宅で1人でも勉強できる環境を用意してくれます。

具体的にどういったことをしてくれるのかというと、お子さんの学習履歴を分析して発達障害のあるお子さんでも無理のない学習設計・目標登録を毎週してくれるのです。

さらに、わからないを解消する質問機能があったり、勉強を応援するメッセージやお子さんの褒めるポイントが届きますよ♪

なぜ「すらら」は発達障害のあるお子さんに評判が良いの?

2002年、文部科学省が調査したデータによれば、知能発達に遅れはないが、日常の学習や行動において、特別な配慮が必要とされる、「発達障害などの」児童が6.3%いることが判明した。

2006年に名古屋市西部地域医療センター調査した結果によれば、当該地域に居住する6歳から8歳までの児童13558名の内、2.07%を占める281名が広汎性発達障害(PDD)の診断を受けた。

出典:発達障害-Wikipedia

この文章によると、日本には発達障害などがあるお子さんが一定数いるということが分かると思います。

発達障害のあるお子さんは特別な配慮が必要ですが、一般的には学年で区切った学習法の塾・通信教育・タブレット教材や映像授業を行うため、通常の学習方法では難しいのです。

教材によってレベルの差はありますが、平均以上の学力の生徒をターゲットにしている教材が多数です。

さらに通常の個別指導塾では偏差値にして20台から30台の学力の低い生徒の生徒募集をしても、成績を上げることが難しいのが現状です。

なぜなら、通常の個別指導塾は学生アルバイトが教える所が多いので、教務品質の安定化がされていないことも原因の1つです。

また、映像は一方的な講義で、集中力が続かないことや先生の好き嫌いが出てしまうことも原因です。

自学自習できる子であれば問題はないのですが、学力の低い子には全くついていけません。

すららはアニメーションを取り入れたことで、1分に1度はインタラクティブなやり取りを挟むことができ、集中力を切らしません。

また、キャラクターのなじみやすさから勉強がしやすい環境を作れています。

元々、「すらら」というeラーニングは、学力の低い生徒でも徹底的に「わかる」「できる」「使える」ことに拘って作ってありますので安心です。

「すらら」をやってみた口コミ・評判・感想・効果は?

「すらら」の口コミや評判を調べてまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね!

上の動画は後半が口コミになっています。

子どもの学習が客観的にわかる管理ツールがあるのがとてもよいですね!

つきっきりで見なくても学習時間や正答率がわかるので、忙しいお母さんにおすすめです。

価格も3教科で学習し放題を考えると塾より安くてよいですね。

知人の紹介で「すらら」を知り、体験版をやらせたところ面白がっていたので始めました。

紙教材では分からなかった子供がスラスラ問題を解くようになりました。

自分1人では気付けなかったことを、すららコーチが教えてくれるので助かった。

当初は全くが勉強できなかったけど、 英語の成績が伸びたことで勉強が好きになり、さらには外国で勉強したいという目標まで持つようになりました。

面倒くさがりやなので、紙の参考書や問題集、他のタブレット教材はなかなか続かなかったけど、「すらら」なら学校がある日でも7~8時間勉強しています。

最後に、すららを活用することで「自信がついた」、「勉強ができるようになった」という声が多数あり、さらには「学校に戻れるようになった」という声もあるようです。

このように、「すらら」は通常の教材ではカバーしきれていない層の助けになっているといえますね!

「すらら」の受講料金・価格・費用・金額

国・数・英の3教科が学び放題!

入会金  10,800円

※新規入会時のみ必要です。

「入会金無料キャンペーン」実施中!

月額料金

【小中コース】 8,640円

(小学校1年生〜中学校3年生までの範囲)

【中高コース】 8,640円

(中学校1年生〜高校3年生までの範囲)

塾に比べると断然安いです!

小学生だと最低月2万〜、中学生は2万5千円くらいからなので、その安さが分かると思います。

苦手な単元は前の学年から、得意な単元は好きなだけ先取りをしてもかかる費用は同じなので経済的です!

また、学力の低い生徒は絶対的な学習時間が足りていないことが成績不振の原因であることが多いので、学習しないと追いつけないお子さんは本当は週4日、5日くらい通塾することが理想です。

しかし、そうなると授業単価が高い個別指導塾では月謝が何万円もかかるので家計的に難しいですよね。

家計的に難しくて学習時間が確保できないと、学習時間が不足するので成績がなかなか上がりません。

こうした問題は「すらら」のeラーニングを使えば解決することができます。

 

すららの無学年制教材は、発達障害のお子さんなど個人個人のペースに合わせながらゲームの要素で楽しくスモールステップで学び、さらにすららコーチによる「コーチング」など、今まさに教育の世界で注目されている要素を、 最先端で取り入れられている、優れた教材です。

「すらら」の無料体験・お試し・資料請求

退会も自由で気を遣わずに辞められるので、取りあえず試そう、と気軽の入会できます。

キャンペーン中だと入会金の割引があるので、そういうときに試してみると良いかと思います。

ぜひ、一度体験して、その独自性を味わってみてください。

もちろん、気になる方はその前に資料請求をすることもできますよ♪

下の画像から公式ページに入り、資料請求や無料体をすることができます。

※現在お得な入会金無料キャンペーン中です!

 

すららの登録・申し込みキャンペーン

すららのキャンペーン中に入会すると、入会金が10000円のところ今だけ無料になります!

お得な機会を逃す前にぜひお試しください♪

▼すららの入会金0円キャンペーン詳しい内容はこちらから▼

【公式サイト】すらら入会金0円キャンペーン 期間限定